ETCカードを使って高速に出てみよう

ETCカードの使い方とETCカードがもたらした影響

ETCを使って、高速道路に出てみよう。カードはちゃんと入っているか、一般とETCのレーンの違いを見極める

ETCカードを使って高速に出てみよう

記事

ETC初心者の皆さんに、ETCカードとETCシステムがもたらしたメリットとデメリット、その使い方について説明しようと思う。

まずETCカードだが、必ずETC車載器とセットで使わなければいけない。

ETCカードと車載器を取り付けなど、業者もしくは自分で取り付けが終了したら、早速高速道路に出てみよう。

ETCの使い方に慣れていなくても、こちらのETCカードメリットナビなどで前もって予習しておけば大丈夫。

料金所に入る前に、かならずETC車載器の中にETCカードが入っている確認。

カードの認証を終えている必要がある。

車に乗って、今日高速に乗ることが確実であるならば発進したときから入れておくといいんじゃないかな。

もちろん、ETCカードの有効期限にも注意だ。

まあ、初心者だったらまだ新しいから大丈夫だろう。

さあ、料金所はもう間近だ。

料金所にはおもに、わかりやすくETC専用レーンとETC車と一般レーン両方とも通れるタイプ、一般タイプに分かれる。

遠くからでも分かるように、たいていは色で分けてある。

進入前にETCレーンを確認。

時々、表示はETCとあっても、閉鎖中の時もあるから、信号もしっかりチェックする。

もし、ETCがないのに、謝ってETC専用レーンに進入してしまったら、インターホンで連絡、係の人の指示に従おう。

続きは次回だ。

動画&ランキング

copyright 2012 ETCカードの使い方とETCカードがもたらした影響 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。